スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民生活センターより

8月3日付のニュースで、「手技による医業類似行為の危害-整体、カイロプラクティック、マッサージ等で重症事例も-」が取り上げられました。

きちんと検査を行っていれば、防げた事故です。

適切な技術があれば防げた事故です。

附属クリニカルセンターでは、国家資格でないからこそ、検査の重要性と、患者さんの状態を分析し、適応とならない問題の鑑別(レッドフラッグの除外)を第一に考え、患者さんの施術にあたらせて頂いておりますので、ご安心ください。

是非とも、消費者の皆様には、きちんとした検査に基づいた施術を行っている医療機関を受診頂きますよう、お願いいたします。

最後になりましたが、危害を受けられた皆様の一刻も早い回復をお祈り申し上げます。


関連記事

国民生活センターより
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20120802_1.html

国際カイロプラクティックカレッジの取り組み
http://www.osaka-icc.jp/role.html

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
天気予報
大阪の天気予報
-天気- -FC2-
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。