FC2ブログ

カイロプラクティックとレントゲン

カイロプラクティックの分野ではレントゲン写真を必要とする場合があります。

良く、お医者様でレントゲンを見ながら、「骨がズレてます」など言われますが、カイロプラクティックは、骨のズレを見るのではなく、その結果起こる、運動制限や、神経機能の改善を調べます。

では、なぜレントゲンを見るのか?

それは、来院された患者様が、カイロプラクティックに適応か否かを見るためです。
また、患者様の症状が、骨折や、先天的な問題などに起因していないかを見つけて行きます。

なぜなら、骨折・脱臼・捻挫は「整形外科」や「柔道整復師」の先生方の範囲だからです。

患者様の安全のためにレントゲンは必要なものなんです。

全ての患者様にレントゲンを撮って頂くのは理想ですが、附属クリニカルセンターでは、綿密な問診、正確な視診、熟練した触診により、レントゲンを撮って頂く方が良いと判断した患者様に、お願いしております。

そして、構造的な問題が無いと判断したうえで、カイロプラクティック特有の検査を追加していきます。

これはお医者様でもそうですが、レントゲンは検査の一部に過ぎないのです。

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
天気予報
大阪の天気予報
-天気- -FC2-
QRコード