スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒートショック

ヒートショックをご存じですか?

普通は建設業界で使われている用語ですが、ここ最近は医療業界でも使用される頻度が増えてきています。


ヒートショック?

これは急激な温度変化により体が受ける影響のことですが、温度変化の激しいところを移動すると、体が温度変化にさらされ血圧が急変し、脳卒中や心筋梗塞などにつながるおそれがあります。

具体的な場所を言えば、リビングなどの温かい場所からトイレや浴室など寒い場所への移動の時に起こります。

10度以上の温度差は要注意です。

高齢者で動脈硬化や糖尿病などの基礎疾患をお持ちの方に起こりやすく、日本でも年間1万人以上の方が亡くなっています。

これは、交通事故で亡くなる方より、かなり多い数字だそうです。


また、若い方でもこのような急激な温度の変化を体が受け取ると、ヒートショックとまでいかなくても、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが崩れやすくなりますので、ご注意ください。

自律神経に自信のない方は、是非附属クリニカルセンターで自律神経の機能を高めてあげて下さいね!

附属クリニカルセンター


コメントの投稿

非公開コメント

リンク
天気予報
大阪の天気予報
-天気- -FC2-
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。